FC2ブログ

吉田川沿い散策

marukeiの写真記事もマンネリ・・・・・毎回に同じような写真と文言がならぶ。
しかし、新しい事もできない、日常の散歩くらいしか脳が無い、従って自然や生き物たちの写真が主となる。

虫など苦手な方々も多いと思う、どうぞ読み飛ばしてください。

IMG_7486.jpg

いつもの日課、今回は海上、吉田川沿いを散策した、ウグイスが近くで歓迎のさえずりで迎えてくれた。



何故かしら歩き回る意欲が出ない、こんな時は生き物鑑賞が良い。
海上の森の吉田川沿いは条件ピッタシ、距離も往復2km弱、カメラ片手に森を歩く。

IMG_7466.jpg

川沿いはドクフダミが所狭しと咲いている、他の草を寄せ付けない繁栄状態だ。

前方の梢で忙しく飛び回る小鳥・・・鳴き声はエナガ、彼らの撮影は難儀、一点に集中して連射、数を打つ。

IMG_7474.jpg

数を撮っても使えたのは1枚だけ・・・可愛い顔が撮りたかったのだが、今度に期待。

IMG_7482.jpg

ヤマボウシも終期、白く美しいガクは色あせたが花は結実、緑のヤマオヤジがまるで機雷に似て見えた。

頭上で激しく鳴き誇るウグイス、首が痛くなるほど上を向く、発見するもピントが合わない。
そうこうしているうちに枝を移した、少し遠くなったのでAFが追従してくれた、顔が撮れた。

IMG_7487.jpg

赤池に近づくと昆虫などが増えてくる、逃げられたり、近づいたり、待ったり・・・楽しんで写した。

IMG_7490.jpg

トンボは詳しくない、幼いころは大きなトンボは全て”オニヤンマ”と呼んで憧れていた、だから”オニヤンマ”だ。

IMG_7491.jpg

同じ葉に仲良くクツログ仮面ライダー、バッタの種類がわからない、従って”バッタ”だ・・・イナゴ科というのは解る。

赤池に到着、相変わらず何もない池、トンボも飛んでいない、水草を眺めてお茶休憩して戻りについた。
野鳥の水場を狙ってカメラマンがお一人、一緒に森に入った方だ、5時過ぎまで粘るのだろう。
サンコウチョウ狙い、声はときどき聞こえるが姿は見せない、子育てに忙しいのだろう。

IMG_7493.jpg

草むらでジャノメ蝶が休んでいた・・・急に蝶たちを見たくなった、コムラサキでもいないか?

戻って海上の森駐車場へ移動した、ただの一頭も飛んでいなかった駐車場、それなら四ツ沢方面に歩くしかない。
途中、知己の方にお会いした、足を悪くされていたらい、ご復活おめでとうございます、大事にしてください!

お二人で何やら小さな虫を写してた、聞いたら”ウシカメムシ”というカメムシの仲間、珍しい昆虫らしい。

IMG_7499.jpg
  <虫嫌いの方々・・・ゴメンナサイ>

牛の角のような頭をしていた、直径2~3mmの小さな虫、自然の造形は素晴らしい、と、改めて思った。

四ツ沢の奥まで歩いた、シジミ蝶やセセリ蝶に出会うことができた。

IMG_7513.jpg

お馴染のベニシジミ、綺麗、可愛い、2拍子揃ったシジミ蝶。

miyamatybane.jpg

茶羽セセリ、昨年までmarukeiは蛾だと思っていた、無知だった、散歩で写して調べる・・・少しは無知が解消された。

kimadaraseseri.jpg

キマダラセセリ、図鑑で調べた、最近までセセリ蝶は一種だと思っていた・・・やはり無知は続いている(泣)

コゲラが忙しく杉の幹を登ってゆく。

IMG_7503.jpg

森には毎回癒され和みをいただく、雨が降らなきゃ毎日でも恩恵にあずかれる。
そんなわが身の幸せを噛みしめながら戻った、午後4時近かった、結局長居のmarukei、森の魅力がそうさせる。

コメント