FC2ブログ

知識の反芻

今朝から雨が降っている、シトシト・・・ゆっくりした朝を迎えている。
散歩に出かけられない日は文庫本などを読んで過ごしているが、時にはこんな本も読んでいる。

IMG_9214.jpg

随分昔に購入した本だが大切な物、載せられている記事、知識の数々を反芻している。
子供達が登山に嵌ってきている、体力だけの世界(長男は道迷い等の経験を積んでいるが。。)でもある。
事前準備や知識、経験を語ることも重要、素直に聞いてくれる、家族の先達としての役目を果たしたい。



marukeiより知識や経験豊富な方々の前で偉そうなことは言えないのだが、知識の差が生死の分れ目でもある。
特に事前準備の必要性は言うまでもない。
知らない事や無駄だと思うことこそ重要な知識となる。
例えば、靴ひもの結び方、結び目の輪を長く垂らさない方法だ、この本の遭難事例にもある。
同じ場所で救助中に二人目が滑落、命を落とした、原因は靴ひもの輪が木の根に引っかかって身体だけが先に倒れて滑落。

救助事例、遭難事例が数多く記載されてる、服装、装備、読図方法etc・・・。

濁河から御嶽飛騨頂上への岩道に15人の団体さんが止まって騒いでいた、一人の方の靴のソールが剝れていた。
当然歩くことは大変、登山をあきらめるか、一人を残して先に進むか迷っていた。

marukeiのザックからテープを取り出して応急修理を施してあげた、15人もいて誰一人もテープすら持参していない。
当然感謝されたが情けなかった、marukeiはこの本から得た知識を実践しているだけだが・・・。

救急用具、替えの靴ひも、ロープ10m、毒吸い出し機器(これも使用実績あり)など等、荷は重くなるが大切な準備品。

P1040799_edited.jpg
 <北八ツ、三ツ岳登山道の鎖場を行く相方>

高い山でも低山でも、山は想像より危険度が高い、しかし、知識と準備があれば危険リスクは少なくなる。

P1090280.jpg
 <白山平瀬道、崩落ガレバ登山道を登る相方>

一歩間違えば・・・直ぐにお迎えが来るのが山、知識を反芻することは登る事より大切かも知れない。

P1080880_edited.jpg
 <夏の八ヶ岳、硫黄岳山頂に向かう登山道から天狗岳方面を振り返る>

しっかり準備して余裕のある夏山に行きたいが・・・今年は無理かもしれない、来週の次男登山の安全を祈る毎日である。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント