FC2ブログ

雨でも歩く理由

戦国武将などは手柄を立てたり出世をすれば当然褒美がでる、禄をいただいているので
50石の”加増”なんてのは給料が上がるので家族からも喜ばれる。

ところが現在のmarukei・・・加増は加増でも、1Kgの食べすぎのご褒美、雨で出られない日があるにせよ
入るものと消費されるものの差引がこの結果であり、家族からは”りっぱに”おなりですネ!の一声!

DPP_0009.jpg

出がけは降っては無かったが降雨必須、傘を腰にぶら下げて森に入った。



久しぶりの海上道、吉田川沿いを観察して、駐車場に移って、後は物見山林道を
ひたすら歩いて海上の里を経由して戻る少し距離のある散歩にした。

吉田川の入り口に駐車、距離が短いので花や虫を観察しながら歩いた。

DPP_0005.jpg

今が旬のツユクサ、雑草の中に一際目立つ存在。

DPP_0001.jpg

ガンクビソウと名前がついている・・・恐ろしい名前だがなかなか綺麗な野草。

DPP_0006.jpg

バナナムシ、害虫認定、一年ぶりに見た、バナナ色だ。

DPP_0004.jpg

センニンソウ、晩夏の花、秋近しを思わせる。

DPP_0003.jpg

キンミズヒキとトンボ、吉田川沿いは自然豊か、短い距離だがいつきても素晴らしい。

DPP_0002.jpg

サワシロギクも咲き出した、目の前を黒い影が横切った、そして”ホイホイホイ”サンコウチョウだった。
雄と雌が近くの枝にとまったが写すまでにはいたらなかった、まだ渡ってはいない、9月だろうか?

DPP_0011.jpg

枝を見ていたらエナガの群れがやってきた、これもすばしっこい、やっと1枚撮れた。

まだ雨は降らない、車で3分、海上の森駐車場に移動、物見山林道へ向かった。

DPP_0012.jpg

市道のノリウツギを見ながら四ツ沢、少し奥まで歩いた。

DPP_0013.jpg

午後なのに花を閉じていなかったマツヨイグサ、ほんわかな黄色い花に癒される。

いきなり降ってきた、ここからカメラを収納、林道経由海上の里までは撮影無しと決めた。
森の中は木々のきれたところだけ雨粒は落ちるが傘をさしていれば雨も気にならない。

ひたすら歩いた・・・体力無し、疲れる、膝も痛い・・・1kgの加増は無残に体に堪えた。

里について一息、後は市道を戻るだけ、里の自然を撮るためにカメラを取り出した。

DPP_0014.jpg

空地はミソハギでいっぱい、雨に濡れてキラキラ光る艶やかなピンクが咲き誇る。

DPP_0015.jpg

ベニシジミも飛ばずにジット雨にうたれていた、和む、疲れた体に清涼剤気分!

DPP_0016.jpg

何の花だろうか?、フェンス沿いに綿毛をつけた紫の花が咲き出していた、まだまだ野草の勉強不足。

突如2匹のアブに襲われた、しつこい、しつように顔をめがけて襲ってくる。
さしている傘で追い払うが直ぐに襲ってくる・・・たまらん!
カメラを収納して一目散に市道を歩いた、100mくらい彼らは追いかけて襲ってきたが
やがていなくなった、四ツ沢まで来たときは疲れもピーク、トボトボと車に戻った、戻ったら雨は止んだ。

帰って乗った体重計・・・本日400gの減量だった、夕食の量も少し減らした。

コメント