FC2ブログ

湿地めぐり

県森林公園の植物園内にはA、B、Cと名付けられた3つの湿地がある。
四季それぞれに湿地に咲く野草を楽しませてくれる、今回の散歩も湿地めぐりが主体だ。

IMG_0593.jpg

園内に入って直ぐにエナガの歓迎があった、湿地にはどんな野草が咲いているのか・・・C湿地に向かった。



園北口に送ってもらった。

IMG_0592.jpg

珍しくボートで遊ぶ人がいた、池のある景色は好きだ。
まずは園内で一番大きな岩本池の横を歩く、カワウとアオサギのコロニーがあり、冬はカモ達で賑わう池。

IMG_0595.jpg

今月末にはカモが飛来してくる、カルガモのカップルが悠然と遊ぶ。

IMG_0598.jpg

潜ったり、泳いだり、カイツブリだ、この池の留め鳥、ここで子育てをしている。
ほどなくC湿地、園内で一番小さな湿地、木道を歩くと

IMG_0601.jpg

猫の額みたいな狭い場所にシラタマホシクサがビッシリと咲いていた、白いコンペイトウが沢山。

湿地を出たら池の外周を奥へと進んだ、ヒヨドリソウを見つけたらアサギマダラを探しながら歩く。
B湿地へ行く道から横道にそれて”いこいの森”芝生園に立ち寄った、この芝生園も広い。

IMG_0606.jpg

100人いても空きすきに見えるほど広い芝生斜面にオジサンがピクニットシートで昼寝中、イイネ!

IMG_0607.jpg

芝生の緑に映えるヒョウモン蝶。

IMG_0605.jpg

アキノゲシに頭を突っ込むミツバチ、橙色の花粉玉は働いた証しだ。
B湿地の手前のベンチに大きなカメラ機材を置いた70歳くらいのオジサンが居て声をかけてきた。

marukeiの立っている場所にイボクサと書いた標識があるが咲いているか?という質問だった。
咲いていなかったので”咲いていませんよ”と返事した・・・それからが災難だった。

ワシは3日間通ったが咲いていない、馬鹿にしているのか・・・等と文句たらたら、挙句の果てに
”咲いていないなら標識を抜け!”と命令してきた・・・"marukei青筋だった”

私はここの管理人ではない!、標識は貴男だけにあるのではない!文句があるなら事務所へ行け!
恐い顔のmarukeiに言われて”シュン”とおとなしくなった・・・我儘爺様が多いと聞く・・・marukeiもそうなるのか?

爺様を無視してB湿地へ入った。

             IMG_0611.jpg

シラタマホシクサ、シラヤマギク、そしてホソバリンドウが咲き乱れるお花畑だった・・・感動ものの美しさ!

ここで気分が悪くなる出来事があった、一脚を手にしたカメラマン、狭い木道を占領して動かない・・・
彼の構図が気に入るように暫く待った、が、5分たっても動かない、横にmarukeiがいることを知りながら・・・

声をかけた、が、動かない、仕方がないので”喧嘩覚悟”で脇を抜けた、当然に体がぶつかる
彼はmarukeiを睨む・・・無言のまま彼に向かった・・・彼は慌ててその場をさった、最低のマナー人。

IMG_0615.jpg

可憐なホソバリンドウを愛でたら吹きさらしだった心が落ち着いた・・・お花さんに感謝!
A湿地に向かった、森の小路歩きは楽しい。

IMG_0616.jpg

キセルアザミだろうか?タムラソウだろうか・・・悩む時間もまた楽しからずや。

IMG_0602.jpg

アキノキリンソウは今が旬、路傍を歩く楽しさをくれる。
後ろから幼子のむずかる声、ダッコしてくれと泣き叫ぶ・・・お父さん困る、お母さんが叱る・・・でも”ダッコ”

marukei、泣き叫ぶ幼子の隣に戻ってカメラの液晶再生モードで”エナガ”の写真を見せて言った。
”歩かなければこんな可愛い鳥さんにも会えないぞ” ”おじさんと少しあるこうか”

幼子は鳥さんに興味を示して液晶を見つめていた、そしてmarukeiと歩き始めた、元気にオシャベリしながら・・・

A湿地に到着、お父さんに感謝されながらお別れ、この湿地は広い、草カブリの木道を歩く。

IMG_0617.jpg

ヒヨドリソウやホソバリンドウが咲き乱れる。

IMG_0627.jpg

草むらに色が混じりあう。

IMG_0626.jpg

木道にはみ出して咲くリンドウ、まるで天然のキャンバス。
そして極めつけのサプライズがあった。

IMG_0624.jpg

ウメバチソウが数輪咲いていた、蕾もたくさん、少し早いと思って期待していなかったので儲けた気分!

IMG_0620.jpg

可憐なので違う株のウメバチソウをもう一枚!

湿地を楽しんだらアサギマダラを探しに最後のポイントへ向かった。

IMG_0629.jpg

傾いた西日に照らされたクサギ、実も落ちている、もうすぐ葉も色づく秋本番。
小路をつないで少し遠回りしながらポイントへ・・・そしてアサギマダラと出会えた、帰りはカワセミにも出会えた。

食事会ついでの一人散歩、この植物園を一人で歩いたのは初めて・・・いつも隣に妻がいた。
秋本番になったら二人で歩こうと思った。

コメント