FC2ブログ

小春日和ハイク(前篇)

この季節に一番似合う言葉”小春日和”陽射しが穏やかでたまらず外に出たくなる。
目覚めた時に急に焼き鳥が食べたくなった、土日しか営業していない焼き鳥屋は豊田市藤岡町、妻に聞いた。
OK・・・それならハイキングをして焼き鳥を買って帰ろう、3連休のど真ん中、下道で出かけた。

IMG_1880.jpg

昭和の森の展望の利く丘、小春日和にふさわしい風景、真っ赤に紅葉したドウダン、黄色の花が色を添える。
緑化センターの外れの駐車場から昭和の森へ、グルリ一周して緑化センター経由で戻る7km弱のハイキングを楽しんだ。



10時過ぎに出立、景色を楽しみながらが良いので下道、雲興寺を超えて飯野の交差点・・・・・・・
もの凄い渋滞だった、幸いにmarukeiが行く方向は流れている、小原村方向は動かない、四季桜の里方面だ。
ざっと5kmの渋滞、小春日和の三連休の日曜日、当然かも・・、途中のコンビニで昼食調達、10時半過ぎに着いた。

愛知県緑化センター第3駐車場、此処も混んでいた、なにか催し物があるみたいだ。
迷わず”平成の小径”を歩いて昭和の森に向かった。

IMG_1868.jpg

雰囲気の良い森の道、妻は楽しそうだ、しばらくmarukei一人旅が続いていたので仲良しハイクは久しぶり。
陽ざしに誘われて生きものたちも活発だ。

IMG_1857.jpg

藪から飛び出した”カシラダカ”、あそこに停まっているよ、と、教えてくれたのは妻だった。

IMG_1864.jpg

モンキ蝶も可愛くて美しい、ヨメナの蜜は美味しい?
極め付けは羽を広げたシジミ蝶、妻は初めての出会い、美しい色に感嘆していた。

murasakisijimi.jpg

”ムラサキシジミ”、滅多やたらに遭遇できる蝶では無い、嬉しい嬉しい出来事だった。
平成の小道系から昭和の小径へ移った、ここから昭和の森、直ぐに森の道に入った。

IMG_1866.jpg

少々登りだがたおやかな森の道、気持ちイイッ~!

IMG_1872.jpg

青空に向かってドンドン進む奥様、足取りが弾んで見える,marukeiは老いておいていかれるばかり。

IMG_1869.jpg

秋も深まると木々は冬籠りの支度を進める、残った木の葉、見ていると物語の世界に引き込まれそうになる。
歩き始めてから約1時間、昭和の森展望東屋が見えた、本日のランチ場所だ。

IMG_1873.jpg

ちょっと小高い尾根に造られた黄色くお洒落な東屋、何時でもここで昼飯を食べる夫婦、景色も良い。

IMG_1875.jpg

豊田の山が浮かぶ、おおらかな風景に和む夫婦。

IMG_1876.jpg

恵那山も大きく見える、ここから見ると”船伏山”と俗称で呼ばれる姿に納得する。
三河方面から眺めると、船を伏せた形に見えることから俗称で呼ばれたみたいだ、大きいずうたいの山なんだ。

IMG_1877.jpg

12時少し前、楽しみのランチ、本日も豪勢だ、”つや姫”のいくらと鮭の高級オニギリは妻の物、ヨダレが出た。
焼きそばロールが絶品だった、満足したら公園の真ん中に向けて周回開始。

IMG_1878.jpg

途中の高見に強引に登った、猿投山の全容が見えそうだった、強引過ぎて手をきってしまった。
見事な猿投山を写せた、此処から見ると大きい山裾を持っている、地元の愛される山らしかった。

管理棟前まで降りると四季桜が咲いていた、奥様に撮影を申し込んだ、普段はNGが多いが
すんなりOKが出た、よほど楽しいのだろう、笑顔で応じてくれた。

IMG_1881.jpg

笑顔が素敵に撮れました、お腹も膨らんだ、お気に入りの小川沿いの小道を通って緑化センターに向かいましょう!

===小春日和ハイク(後編)に続く===

コメント