FC2ブログ

健康第一

この日は母とmarukeiの定期診察、連れて行くのは疲れる。
トイレも頻繁で長い、呼ばれたときにいない時も多々、いつもmarukeiの血圧は上がる。

妻も同行してくれたので助かった、それでも午前中かかった、疲れた帰ってきたので散歩はいつものコース。

IMG_3139.jpg

西日でキラメク川面を眺めた、キラキラしていて美しい、健康でいられるから見られる景色。
医者から帰って複雑な気持ちでいた。



まずは血圧測定、母が最初、直ぐにmarukei、顔なじみの看護師の方が”奥様同伴で楽ですね”と言ってくれた。
血圧計をみると130の表示、聞いてみたら母は、130/58・・・絶好調の数値だ。

前回は連れてくる前に母ともめたのでmarukeiは血圧上昇、測定不可(230の数値超)だった。
今回は、171/99・・・ダメダコリャ!、看護師さん、笑って前より良くなりましたねっ!(泣)

聴診、問診は母を連れて診察室へ、脈拍、聴診とも母は絶好調、全く問題無しだった。
marukeiは血圧異常、先日の低体温、結果、来月血液、甲状腺検査と決まった。

IMG_3133.jpg

畦道を歩くのではなく、畦の土手を歩いた、西日を背中に受けて長い影が前方に伸びる。

92歳の婆さんの方が健康だという事実、御身だけ大切に生きてきたと言ってはばからない、妖怪か!

畦の土手で春を探してみた。

IMG_3136.jpg

よく探すと冬枯れの草の間からオオイヌノフグリの鮮やかなブルーが数輪顔を出していた。

IMG_3138.jpg

四季桜も咲き残る、強風で揺れるのでピントは合わない。
岩屋堂公園の中に入って川を眺めた、やはり健康でいなくては母も家族も守れない。
検査をして悪い所を早くピックアップしなければならない、沈んでいてもしょうがない、歩いて健康維持!

裏の丘と池で野鳥を観察することにした。

IMG_3140.jpg

遠い場所にマガモが泳いでいた、この池でマガモは珍しい、近づいてはくれなかった。

IMG_3142.jpg

高い木の上でカワラヒワが休む、強風なので寒そうだ、この風では野鳥も出にくい。

IMG_3145.jpg

エナガの群れがやってきた、低い枝を飛び回る、彼らには強風も関係ないのだろう。

IMG_3146.jpg

チョコマカト忙しい、そして可愛い野鳥を彼らが去るまで見ていた。
動かないので寒さが沁みてきた、タキちゃんも来ないので自宅へ向かった。

自宅前に”タキ男君”がいた。

IMG_3153.jpg

我がコンデジでは滅多にない”玉ボケ”で写っていた、良い写真になった、”タキ男君”ありがとう。

健康を自覚せざるを得ない一日だった、我が家の婆さんは100歳までは健在するだろう。
72歳で祖母が逝き、70歳で父が逝き、64歳で兄が逝き・・・全部の命を貰っているそうな(母の弁)。

marukeiが先にお迎えが来そうだ・・・とんでもない、婆さんより早く逝くわけにいかない!

コメント