FC2ブログ

路傍の焼き物達

冬枯れの散歩道、ルートを変えても撮れるものは少ない。
焼き物の小径、品野の陶磁器工房巡りのために設定された観光用の小径。

当初は訪れる人を楽しませようと置かれた焼き物の生き物達、何十年も野ざらし。

IMG_3221.jpg

町内会か観光組合のどちらかが面倒みてあげても良いと思うのだが。
雑草しげる路傍に淋しそうにしていた、焼き物にも命ある、たまには眺めてみるのも癒されて良いものだ。



畦道経由の散歩道は色を失ってひたすら春を待つ。
写真の感性に乏しいmarukeiには撮れる被写体は極端に少ない、野鳥くらいなものかも知れない。

ルートを変えて品野の里へ歩いた、久しぶりに路傍の彼らに会いたくなった。

IMG_3220.jpg

生きもの達の焼き物が路傍に置かれている小径、10年以上はそのまま放置されている。
当時は色鮮やかで愛くるしい姿で訪れる人を喜ばせていた。

IMG_3219.jpg

風雨にさらされて色落ちした雷ドンも冴えないお顔、おへそはしっかりしていた。

IMG_3218.jpg

おっとりニャンコ先生も老け込んでしまった。

なんとも淋しいもんだ、度々会いに来てあげるネ!

椿の里に寄り道したが立ち入り禁止、まだ開花は少ない、遠くから写して帰った。

IMG_3222.jpg

IMG_3225.jpg

冬を彩る花、満開になったら美しいだろう、しばらくは歩き主体の散歩かウオーキングになりそうだ。

コメント