FC2ブログ

色が付きだした畦道

1月も下旬、朝晩は寒いが日中は風が無ければ寒くはない。
冬枯れの畦道は”枯れ色”ばかりだったがポツンポツンと”色が目に入るようになってきた”

IMG_3524.jpg

畑の菜花の色鮮やかな黄色は尚更暖かさを感じさせてくれる、散歩で和むひと時であった。



最近、またもや昼寝の癖がついた、この日も目覚めたら午後2時を過ぎていた。
外は風も弱く午後の光が柔らかく感じた、こんな日は畦道散歩が良い。

IMG_3517.jpg

町内ただ一軒の小売雑貨店、我が妻が花を購入する店先、色に飢えた季節に華やかに色を添える。

IMG_3523.jpg

刈取り後に放置されている田んぼに二番穂が頭を垂れる、しかし結実はしていないので穂の中は空っぽ。
鳥たちも知っていて人気のない田んぼになっている、田おこししてある畦には野鳥が餌を探す。

IMG_3521.jpg

ツグミ、この時期は群れない、人も恐れない、里の鳥だ。

IMG_3518.jpg

ムクドリ、いつも群れている、里というよりか町の鳥だ、数百羽で群れて“糞害”の代表的な鳥。
畦道にいる方がお似合いなのだが?

土手の斜面を観察しながら歩く、長い距離を歩くつもりがないので気楽に観察を続ける。

IMG_3522.jpg

種類は一つだが野草が確実に面積を広げている、一面の野草の花園になるのはそう遠くはなさそうだ。
畦道を終えれば公園入口経由で戻るだけ、民家の庭先も色が付いてきた。

IMG_3527.jpg

赤と黄色、艶やかだった。

お寺のミツマタの様子見に立ち寄ってみた。

IMG_3528.jpg

少しふくらんで見えたのは開花を待ちわびる気のせいかもしれない。
多くの黄色の妖精をつけるのは2月の終わりか3月か?、待つのも楽しからずや。

遠出もしない、撮影のために出かけもしない、毎日の散歩が日常の主・・・
これでいいのか?等と思ってみるが、それでいいのかも知れない。

コメント