FC2ブログ

昭和の森ハイキング(山ツツジ開花)

れっきとした仲良し夫婦、blogでは奥様と称している。
しかし、6年間は殆ど毎週、二人で出かける山びたりの日々を送った。
山では夫婦ではあっても、互いに助け合うことが大事、従ってパートナーである。
山やハイキングのblogでは”相方さん”と称することにしていた。

9時過ぎから午後3時まで、二人とも時間がとれた。
相方さんも歩きたい雰囲気、それではハイキングとしゃれ込むことに決めた。
場所は愛知県昭和の森、ここの外周をハイキング、ロングコースを歩くことにした。
コンビニで昼ご飯調達、周回するので都合の良い場所に駐車してハイキング開始。

P1090932.jpg

山ツツジが一部、開花して静かで気持ちの良い森の散策だった。



舗装道路を入口まで戻り湿原に入る、春リンドウが湿原全体に顔を出していた。

P1090890.jpg

P1090892.jpg

湿原から緩やかな道で森の奥に向かう、ほどなくメイン駐車場から続く本道と合流する。

P1090893.jpg

この森は標識も充実していて迷うことはありえない、本日は一般コースを経由して周回予定。
アップダウンの無い緩やかな山道は気分良し、足元にスミレが咲いている遊歩道を行く。

P1090896.jpg
 <スミレの名前はわかりません>

道は155mピークに向かう尾根への登りとなる。

P1090897.jpg

一頑張りで快適な尾根歩き、明るく、そしてアセビとツツジの道となる。

P1090902.jpg

早くもアセビの新芽がでている、艶やかだ!

P1090903.jpg

尾根から降ると管理棟からくる舗装道路と交錯するが対面の山道に入る
後2.8km看板から大降りとなり狭い沢に出る。

P1090906.jpg

ロープが張られて植生保護がされている、緑の葉が沢山!
バイケイソウの群落かもしれない、こんなところで見られれば最高だ
1ケ月後に再訪してみよう!

P1090909.jpg

急な登りとなるが、自生のシデコブシや種類の違うスミレが癒してくれる。

P1090911.jpg

P1090910.jpg

途中に沼が出現、相方さんが沼のヘリにたたずむ・・と、何と・錦鯉などが寄ってくる。
ここは沼ではなく池だった・・・自然の池だが中身は・・・残念!

P1090913.jpg   P1090914.jpg

降って平坦になると東海自然歩道への分岐に着く。
昭和の森から西広瀬へ向かう自然歩道、20年前に何度か歩いた、懐かしい!
自然歩道には行かずに並行する山道を進むと大きな池のある園地に着く。
軽トラのおっちゃんと犬がいた、何やらタモで池をすくっていた。

P1090917.jpg

池から左折して登ると分岐、相方さんと相談したら一般コースからハズレて水源に向かう
コースを選択した、小さな小川とじゃれ合いながら歩く、とても雰囲気が良い。

P1090918.jpg  P1090919.jpg

ショージョーバカマも大振りだ、ルンルンで進むと東海自然歩道と交錯した。
かまわず向かいの山道へ入る、暫く歩くと東に振れて進む道となった。
これでは元に戻ると判断して引き返した、15分のロス!

分岐に引き返して進むと登り一辺倒となる、ここがルートで一番きつかった。
後1.7kmの案内を過ぎると尾根道となり管理棟への道へ合流、へそ曲がりの吾輩は
裏手の道へ強引に進む、次に向かう対面の丘が見えてきた。

P1090922.jpg

しかし、道は無かったので日頃の徘徊経験を活かして、強引に下に向かった。
相方さん”ゴメン”・・最後の段差はお手手をさしのべさせていただいた。

対面の丘に向かう、雪柳が満開、桜はチラホラ、丘に登る道は雰囲気が良い。

P1090926.jpg

子供広場の歓声を聞きながら丘の道を展望東屋に向かう。

P1090931.jpg

六所山や炮烙山がぼんやり遠望できる、斜面では桜の木の下でお昼を
食べている人もいる、腹減った!

P1090933.jpg

展望東屋には誰もいない、すぐに飯、ここまで水分補給も休憩も無しだった。
質素なコンビニランチです。

P1090934.jpg

とても美味かった!自然の中ではなんでも美味い!ガツガツ食べてしまった。
少し休憩して戻る、昭和の道経由で駐車場へ。

P1090936.jpg

約6.5kmのコース、歩きやすく静かなハイキング、ツツジやスミレに
癒されながらとても良い時間を過ごせた、満足、満足!

昭和の森
*この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである。

コメント

トラックバック