FC2ブログ

畦の生きもの達

いつもと同じ景色の畦、今回は田や畦を飛び交う生きもの達を観察した。

IMG_4991.jpg

すくすくと育つ早苗の中でカルガモが雑草の掃除、例年たくさんのカルガモが飛来するが今年はまだ2羽だけ
こんな景色が当たり前に見られる里山、散歩道に恵まれている、急いで歩く気もないので狭い範囲を探して歩いた。



畦はハルジョオンの花盛り、蝶や蜂などが花の蜜を求めて飛び交う、規制のない自由な空間
ニアミスしながらハルジョオンを移り飛んで賑やかだった。

IMG_4995.jpg

ベニシジミはカップリング間近か、このペアは仲良しだった、marukei夫婦みたいだ。

IMG_4997.jpg

ミツバチたちも忙しい、この時期は蜜になる花が多い、アカシヤ、レンゲなど等、おいしい蜂蜜になりそうだ。

IMG_4993.jpg

まことに小さな昆虫がいた、クローバーの葉と比較するといかに小さいかがわかる、名前はわからない、沢山飛んでいた。

IMG_5007.jpg

小さなジバチ、レンズを通さないと存在すらわからない、ハルジョオンの畦は小宇宙。

IMG_5005.jpg

昆虫たちにとっては大切な生きる糧、雑草と呼ぶには少し悲しいネ!

IMG_5002.jpg

タンポポは蝶のお休み場所、ヤマトシジミが羽を休める。

IMG_4992.jpg

ジャノメ蝶はお食事中、今年はジャノメが多い、草むらはジャノメ天国、少し見回すと10頭は見つかる、綺麗な模様だ。

IMG_4994.jpg

オイラを忘れて貰っちゃ困るゼ!、シオカラトンボが存在を主張、そして”そろそろ帰んな!”と追われたmarukei。

裏道を通って池経由での戻り道。

IMG_5019.jpg

小さい生きものを眺めていたので池の辺に咲いていたヤマフジのある景色が広々と感じた。

IMG_5018.jpg

高枝でメスを呼ぶ囀りが一層大きくなったホオジロ、野鳥は巣作りの季節だ、いい伴侶が見つかるとイイネ。

暖かいと背中の痛みは薄らぐ、全体的に腫れていたのが薄れてきて肩と腕の付け根の腫れが目立つようになった
集中的に湿布薬を貼りつけている、ゆっくり歩けば痛みは増すこともなくなった。

”日にち薬”を信じて毎日を過ごす、今日も良い天気、散歩日和が続きそうで嬉しい!

コメント