FC2ブログ

ヤブカンゾウ

海上の森、市道沿いにヤブカンゾウが咲き出した、蕾をもった株もたくさんある。

IMG_7095.jpg

この花が咲き出すと真夏が近いしらせだと思う、咲き終わる頃には梅雨が明けて眩しい太陽が照りつける。



久しぶりにサンコウチョウの営巣を見に行った。
巣が無かった、雨や風で落ちたのだろうか、先に進んだら顔見知りの方がいたので訪ねてみた。
どうやら3羽が巣立ったらしい、良かった、しばらくいたら親が餌を運んで森に消えた、雛がいるのだろう。

IMG_7087.jpg

雨でぬかるんだ路傍の水たまりにミソソバが可憐な花を咲かせている、白も綺麗だが淡いピンクが愛らしい。

IMG_7079.jpg

森の奥ではアキノタムラソウも咲き出した、この花も一つ一つが愛らしい。
赤池の前で折り返す、野鳥の囀りを聴きながら歩く森は何にも代えられない静かで楽しい時間だ。

IMG_7080.jpg

藪の中でメジロが動き回る、撮れませんネ、藪と動きでピントが合わない、メジロは元気。

IMG_7086.jpg

大きな声で”ボウボウ”と鳴く、蛙の種類はわからないが大きな図体を浮かべて顔お出す、”平和”だ。

営巣した場所に戻って注意していたら親鳥が頻繁に餌を運ぶ姿が確認できた、育ってこの森に帰ってきたら幸いだ。

sansyokui.jpg

近くでサンショクイが鳴く、ラッキー、なかなか撮れない野鳥、これでも30mの距離、限界ショットだった。

歩き足りない、全然疲れていない、それならば物見山林道を歩いて周回しようと決断して場所を移動した。
海上の森駐車場からヤブカンゾウの咲く市道を歩き、途中から物見山へ続く森の道へ入る。

daikousou.jpg

ダイコンソウが咲いていた、暗い森の道沿いには花が少ない。

IMG_7105.jpg

ハエドクソウだけは路傍を賑やかにしている、小さな花なのでよほど気をつけないと見過ごしてしまう。

黙々と歩いて森の出口へ、海上の里へ出て市道に戻って四ツ沢へ、奥に入って昆虫観察に勤しんだ。

miyamakamikiri.jpg

ミヤマカミキリ発見、地味な色合いだが逞しい感じがする、触ったら”ギリギリ”と音を出した。

koganemusi.jpg

小さなコガネムシ、可愛い、色合いもよろしい、”黄金虫は虫だ~”、と、昔歌った”お馬鹿”な歌詞を口ずさんでみた。
これしか見つけられなかったのとさすがに少々疲れてきたので車に戻る。

IMG_7113.jpg

市道沿いは賑やかだ、ウリカエデのプロペラも大きくなってきた。

beniutugi.jpg

ベニウツギの新芽が萌えるような赤色を緑に華を添える。

takenigusa.jpg

タケニグサにヒラタアブがまとわりつく、小さな世界だが素晴らしい生き物の世界。

4~5kmの散歩は長くもなく短くもなく心地良い疲れが身体を包む、こんな幸せの時を過ごしていて良いのかな?

コメント