FC2ブログ

雨の散歩道ー前篇

大雨注意報も午後になって解消されたが雨は降りやんでいない。
傘をさしていつもの散歩道へ出かけた。

IMG_7494.jpg

雨水を含んでしっとりとした苔にピンクの花、何だろう、手で触れたが落ちてきた花ではなかった、不思議な美しさ。

雨の散歩なので出来る限り雨粒を撮ろうと努力した、この記事は前編、花以外の雨粒を主とした。



最近の報道で悲惨な事故、伊豆で発生した電柵感電事故、悲しい事実です。
marukeiの散歩道にも当たり前に設置されている、昨日の記事の潮見の森の薬草園にも設置してある。

IMG_7473.jpg

いつもの散歩道は広大な里山の田園地帯、昨年から田んぼの一区画毎に電柵が設置されている。
猪の被害対策である、猪は多い、marukeiも早朝散歩で幾度となく対面している、被害対策のためには必要なのだろう。

しかし、先般の事故を鑑みた時、管理不徹底、表示なし、業務上過失云々となりそうだ、そんな重要な事故が起きたのに
この広大な里山の電柵には注意書きすらたった一つもない、他人ごとなのだろう、残念だ。
潮見の森は短い区画に注意書きはある、どうなっている鳥原地区管理組合・・・。

電柵に近づかないように歩いた、花や草の雨粒を見つけるとカメラを出す、傘をさしているがカメラは濡れる。
撮るたびにボディとレンズの拭き掃除・・・さすがに疲れる。

IMG_7478.jpg

古代蓮の葉、雨粒というよりも何かガラスの置物のように見えた。

IMG_7481.jpg

これは何でしょう?・・・トウモロコシの”ひげ”に付いた雨粒を撮った、ひげが濃いと雨粒もたくさん。

IMG_7482.jpg

サトイモの葉、面積が大きいので雨粒も多い、雨粒を弾く物質があるのだろう、降り続く雨にも平気で弾いていた。

IMG_7487.jpg

クサギの蕾、この葉や蕾は雨粒を弾けない、しっとりと濡れている、滴が溜まって落ちるだけ。

岩屋堂公園の入り口についた、暗い・・・杉の木が少ない光を遮断、しとしと降る雨に葉が濡れる。

IMG_7490.jpg

宝石にような雨粒が葉先に滴る・・・雨粒ってこんなに綺麗なんだ!

IMG_7491.jpg

昨日からの雨で鳥原川の水は濁っている、水量も多い。
雨は止むことなく降り続く、歩き始めて1時間経過、カメラを出したり収納したり、傘を持つ手も疲れる。

吹き付ける雨で無い限りは雨中の散歩も乙な物、たくさんの花の雨粒を撮影できた。
帰り道は急ぎ足、わき目もふらずに15分、ようやく雨から解放された、家の中は快適だった。

===次回は後編、花の雨粒です===

コメント