FC2ブログ

守りたい自然の生命

土曜日の散歩での出来事。
絶滅危惧種の野生ランの話!
記事の最後に説明します。

話は変わるが、我が町、瀬戸市の祭りで有名なのは、9月に行われる”せともの祭り”である。
が、地域、地区全体で行われる祭りがある。

春と秋に行われる”陶祖祭”である、春の祭りは陶磁器の卸売団地の倉庫が解放されていた。
しかし万博から街並み販売が重視され倉庫開放はなくなった、が、不評で昨年から再度実施された。

万博前は屋台もならび賑わったが、昨年は6業者の開放のみ、さて今年は・・・行ってみた。

P1100230.jpg

結果はガッカリ! 2業者のみ、寂しい状態だった。



屋台店舗もなし、人もまばら、解放している倉庫近くに駐車。
試作品などを購入したことのある卸売倉庫に向かい、そして倉庫内へ

P1100229.jpg

P1100231.jpg

1階、2階と見て歩く、倉庫なので商品は無造作に置かれている、昨年に比べて品数が少ない
これといった物は無かったので次の倉庫へ行く、今年はここと次の倉庫だけが解放されていた。

100mくらい歩くと何やら倉庫に人だかり、賑わっていた。

P1100233.jpg

そのわけは!

P1100235.jpg    P1100234.jpg

だった、皆さん1000¥の袋に商品をこれでもかと詰めていた。
失礼ながら、半端もの、捨てても不思議ではない”せともの”ばかり・・・
それでも組み合わせたりすれば素敵になったりするかも・・・

”ダメダコリャ”と言って帰った、しかし、倉庫に商品が少ない
仕入れないのか?売れないのか?作るところが少ないのか?
疑問が生じた、日曜日に家内せともの工場が多い”上品野地区”を訪ねようと思った。

昼食後、雨も降らないので散歩に出かけた、里山は田植えの前準備中
水がはられて”水田”にする作業進行中!

P1100243.jpg

田植えが終わると生き物たちの天国が出現する、何もない水田にカルガモが
暇そうにしていた。

P1100242.jpg

岩屋堂に入り、大滝まで歩く、本日は作業服の人で賑やかだ。
訪ねると”瀬戸市環境整備ボランティア”活動で整備しているのだ。
ご苦労様ですと声掛けして歩いていると、温厚な品の良い作業服とヘルメットの
老人が手招きしている、そして”花に詳しいか?”と尋ねられた、イイエと遠慮して答えた。

手に広告用紙を丸めていて、その中から美しい小さな植物を取り出した。

これは”カヤラン”という絶滅危惧種だ、公園入口の喫茶店によったら
お客さんが大滝付近で採取したと言って置いていったらしい。

大変なことだから”植えなおす”とおっしゃる、そしてあるところがわからないかと?

P1100244.jpg

カヤランは着生といって沢沿いの老木の蔓や苔に着生、地面の植物ではないと言う。
岩屋堂に40年通っても遭遇しない珍しい花、人の来ない場所に植え替えたいという。
二人でアチコチ探した、30分くらい頑張ったが4時半を過ぎた、断わって帰ることにした。
手に蔓と苔をもって老人はもっと山深いところに向かった。

P1100246.jpg

置いてゆくだけマシだが、興味本位でやることではない、貴重な山野草も盗掘の被害が多い!
いつの世でも心無い人がいるものだ・・・なぜか寂しくなってしまった。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:1件
  • トラックバック:0件

コメント

トラックバック