FC2ブログ

シラタマホシクサ

気象予報士が太鼓判を出した朝、洗濯物は外干でOK、久しぶりの快晴に妻もウキウキ。
森林公園を散歩しようと提案、午前中散歩してお昼はギョウザが食べたいらしい、10時前に到着、有料の公園に入った。

IMG_8187.jpg

妻の目的であった湿地に向かう、白いボンボリが一面に咲き乱れていた。
シラタマホシクサ、この季節の湿地の花形、カメラマンも多い、期待通りの美しさに満足した妻がいた。



愛知県森林公園、尾張旭市にある、瀬戸と隣町、我が家から20分もあれば行ける。
いつものように北口へ、二人分、¥420を支払って園内へ、窓口の女性からシラタマホシクサが見頃ですと案内。

IMG_8157.jpg

ヒヨドリジョウゴの愛くるしい花を愛でて岩本池に向かった、この時期は水鳥も少ない。

IMG_8159.jpg

ダイサギが悠々と空を飛ぶ。

IMG_8162.jpg

夏毛のカイツムリの夫婦が餌を求めて潜水を繰り返していた、久しぶりの森林公園はやはり素晴らしい散歩道。

芝生園に向かった、蓮池の縁まで降りたり早いペースで先を歩いたり、妻も楽しそうだ。

aretinumabitohagi.jpg

アレチヌマビトハギ?かな、この季節にピッタリの花色、上手に撮れていた。

IMG_8184.jpg

誠に上天気、少々暑いくらいだ、芝生園の外周を蝶などを愛でながら歩いた。

IMG_8181.jpg

ワルナスビが咲いていた、もう終わっていても良い野草だが光に向かって可愛く咲いていた。

ツマグロヒョウモン蝶を見つけてフアインダーで覗いてzoom・・・何か変だ!

IMG_8172.jpg

羽に対し胴と頭が逆さまに見える・・・どうなっているんだろう、飛んで移ったら普通になっていた。

目的地の湿地近くにガガイモが咲いていた。

IMG_8185.jpg

竹で仕切られて保護されていた、海上の森なら普通に見られるのだがこの地では貴重なのだろう。
F湿地についた、多くのカメラマンが三脚をたてて撮影に勤しむ、一面に咲く白いボンボリ狙い。

IMG_8193.jpg

IMG_8189.jpg

小さな小さな花だが一面に咲く姿は綺麗の一言では言い切れないほど和みがある。

IMG_8190.jpg

ミミカキグサもホシクサの間から愛くるしい姿を上に伸ばしていた。

手持ち撮影の気楽さ、三脚のカメラマンにスミマセンと声をかけながら足早に木道を渡り歩く。

IMG_8192.jpg

サワシロギクは終わりかけ、F湿地で第一の目的達成、南口まで歩いたが何もないので引き返した。
計画の半分も歩いていない、次の目的地であるA湿地に向かった、予報士太鼓判のはずだったが
いつしか雲が出てきて遠くで雷鳴が聞こえる、嫌な予感がしたが楽しみながら長い距離を歩いてA湿地に向かった。

===次回に続く===

コメント