FC2ブログ

見飽きることのない風景

日課の散歩。
午後3時に出かけた、連日の好天、やはり熱さを嫌って森へ向かう。
寄り道をしながら岩屋堂の瀬戸大滝まで、森の空気を吸いながら
いつもの倍、2時間の散歩を楽しんだ。

P1100756.jpg

山藤の紫が滝の水や岩の黒に映えて和みの雰囲気を醸し出す、自然は良いな!



自宅から5分、カワセミの溜池に到着、自生の蓮が咲いている、道路からの
撮影はできない、対岸の藪を漕ぎ、池の淵ギリギリに立って撮影、無理をしたので疲れる。

P1100739.jpg

濃いピンクの大振りな花が午後の光に輝いていた。
池の周りはニセアカシヤだらけ、白い花が咲き乱れている。

藪を抜け、少し先の養蜂箱のある場所まで行ってみた。
私有地なので入口から覗くとミツバチたちが忙しく箱の周りを飛び交う

P1100737.jpg

美味しい蜂蜜が出来上がりそうだ。

小鳥達は巣に戻ったのか、囀りが聞こえない
”エゴの木”がまっ白い花を下に向けて咲いている、可愛らしい花に見とれてしまった。

P1100742.jpg

東海環状道路の橋脚を超えたら新緑ではない黄色の色が目に入った
竹藪が枯れている。

P1100745.jpg

見渡すと殆どが枯れ始めていた。
60年に一度、花が咲くと枯れるらしいが・・・何なんだろう!

公園旧プール脇に真新しい造形木が設置されていた。

P1100748.jpg

先月に桜の老木を切り出していたボランティアのおじさん達が造ったものでしょう。
秋のライトアップもこの人たちの仕事だ、モミジの若木が添えられていて、アートな作品である。

道すがらの斜面はヒメシャガの花が全盛期、目を楽しませてくれる。

P1100749.jpg

山道を滝へ向かう、空気が冷たくてまっこと気持ちが良い
滝の上部の川原を遡って鱒釣り場へでた、木々の間から滝の下部が覗ける。

ファインダーから見える景色は”夏模様”

P1100757.jpg

左右を見たり、花を探したりしながらノンビリと帰り道へ
草藤も全盛期、濃い紫が左右を埋める散歩道・・・アレ!、白い草藤発見!

P1100758.jpg

白い”コマクサ””カタクリ””ショージョーバカマ”などは見たりしているが
草藤は初めて、”アルビノ”と言われる色素変色なのでしょう、儲けものの発見だ!

自宅近くの空き地も”夏模様”野アザミが蕾を付けていた。

P1100735.jpg

沖縄は梅雨入り、当地ももうすぐに梅雨が来る、傘やカッパの散歩が増えそうだ。
それはそれなりの散歩が楽しめるはず、見飽きない自然と仲良くできる。

そろそろ山飯を食べたくなった、簡単な山で展望や花を楽しめるハイキングが良さそうだ!

コメント

トラックバック