FC2ブログ

蛇峠山(1663m)、大川入山登山道(イワウチワの残り花を訪ねて)

毎日が日曜だが、奥様とスケジュールが合わせにくい。
ようやく整合したが、朝9時以降しか行動できない、それでも山に行きたいと言う。
夜も寝ないで(ウソ!)悩んだが行き先が決まらない。
花もみれて、歩けて、景色が良くて・・・(贅沢な悩み)

それでは7年もご無沙汰している”イワウチワ”の残り花探索と山ランチ、楽しいハイキングを計画した。
行先は信州阿智村の治部坂に決定。

P1100790.jpg
 <蛇峠山登山道>

イワウチワ鑑賞、イチョウランとの出会い、ボンヤリの南アルプス展望
楽しい山歩きができた、そして夜のビールは最高だった。

次男を大阪に送り出して急遽準備、時間短縮が必要なので園原まで高速とした。
しか~し、恵那山トンネル工事で渋滞・・トホホな時間、無駄銭をつかった、治部坂に10時45分到着。
廃業した”宿り木の湯”の前に駐車、そこから大川入山の登山道を目指した。

P1100759.jpg
 <駐車場から大川入山方面の景色>

国道153を渡ってカラマツの道を登山口に向かう、結構な急坂を進む、登山口は車でいっぱい
11時を過ぎている、皆さんは山頂でのんびりしているのだろう。
幅広の道は谷の橋を渡る、ここから尾根に向かう。

P1100760.jpg P1100761.jpg

尾根に上がると名物の木の根むき出しの急登区間、早くイワウチワに遭わないと
登り続けなければならない(汗)

P1100764.jpg

駆け上がりの急登3ケ所からイワウチワの葉が出てきたが、皆、花が終わっている
ダメかもしれない、4つめの木の根急登、北側の斜面に淡いピンクを発見!
相方さんも視認、二人で探すと、ここだけにイワウチワが咲き残っていた。

P1100778.jpg
 <登山道わき、北側に咲いていたイワウチワ>
P1100768.jpg

7年ぶりの再会、嬉しい瞬間だった、斜面を下りたり屈んだりして花を楽しんだ。
横岳直下の尾根まで歩いたが花は無かったので帰ることにした。
ザックは車の中、このまま横岳から長い快適な尾根まで歩いて山飯も良かったのだが・・・

11時30分を過ぎている、次の蛇峠山へ向かうので下山開始。
谷を過ぎて花を探す、1cmにも満たない白いもの発見、花ではなさそうだがしゃがんで近づいた。

自生の蘭だった、初めての花! ”イチョウラン”

P1100781.jpg

P1100783.jpg
 <イチョウラン>

たった一株、盗掘の被害にあわぬことを祈った。

ユキザサも蕾を付けていた、国道にでて駐車場に戻ると12時、腹の虫に我慢と言い聞かせて
馬の背に向かった。

P1100784.jpg P1100785.jpg
 <ユキザサの蕾   蛇峠山、馬の背駐車場>

我々夫婦は蛇峠山が大好きだ、夫婦そろって初めて登った山、そしてアサギマダラを知った山
6月から9月は山野草で賑わう、馬の背からは短時間で山頂へ行けて、そして大展望
冬のスノーシューでも有名だが、登山の対象としては軽すぎる、ハイキング程度の山だ。

本日の目的は”イワウチワ””山飯””涼風””適度な歩行”なのだ。
40分もあれば狼煙台、腹の虫が騒ぎ出したので山道に入った。
快適な山道を花を探しながら進む。

P1100786.jpg P1100787.jpg
    < ヤブレガサ と ニシキゴロモ >

P1100788.jpg P1100791.jpg
    < マイヅル草 と ギョウリンソウ >

順調に歩を進める、登山道なので急斜面はあるが修行の山では無いので快調!
楽しく歩ける余裕もある、二度目の林道から最後の山道に入る。

P1100793.jpg

この区間は短いが急登だ、少々息が上がる、ほどなく山道が終了して
アンテナ基地やアメダスレーダーの保守用舗装林道へ出た、ここまで24分、本日は早い。

P1100796.jpg
 <アンテナ基地へ向かう相方、小虫の大群に襲われている>

”白樺~青ぞ~ら”的な雰囲気

P1100799.jpg

霞んではいるが、茶臼山や先ほど行った大川入山の稜線が見えて気持ち良い。

P1100797.jpg
 <愛知県最高峰、茶臼山方面の展望>

P1100798.jpg
 <秀麗な大川入山>

御嶽は肉眼では見えるが写真にはならない、南駒ケ岳も同様の展望
本日はパノラマ展墓は期待できない、でもノンビリと山歩きを楽しめれば良い。
気象庁アメダスレーダーが見えれば目的地に到着だ。

P1100801.jpg

山頂手前の”武田の狼煙台跡”に到着、ここ数年山頂へは行かない。
5分もあれば行けるが、背丈ほどの笹漕ぎ、そして鉄製の展望台は味気ない
狼煙台跡はヘリポートでもあり広くて展望も良い、実質的山頂だ。

P1100805.jpg
 <ヘリポート、正面は中央アルプス、一本の木の下が快適な木陰>

早速に山飯、12時45分、腹減った!
小虫の大群にまとわりつかれる、お一人200匹以上、最初に蚊取り線香準備。

P1100807.jpg P1100808.jpg

効き目はある、楽しい山飯を終えて展望を楽しむ。

P1100809.jpg
 <うっすらと南アルプス、仙杖、北岳、塩見・・・>

P1100803.jpg
 <悪沢、赤石、聖・・・3000mが並ぶ>

P1100806.jpg
 <遠くに恵那山、ここから見える恵那山は三角形>

珍しくユックリした、昼寝でもしたいが帰りは下道の予定なので下山開始。
下山は早い、紫ヤシオが開花していた。

P1100810.jpg

13時30分過ぎに下山完了、時間があまったので馬の背に登り返す。

P1100811.jpg

1400mの台地だ、夏は山野草で賑わう、御嶽や槍、穂高、乗鞍の展望もある場所
ここで弁当の家族も多い、夏の避暑にはもってこいの地。

治部坂高原に別れを告げて国道153号を瀬戸にむけて出発、長い運転は苦手!
単調な走りは眠気を誘うが頑張ってノンストップで帰ってきた。

図1
 *カシミール解説本地形図使用>

好天、花、展望、合計歩行距離も5km~6km程度、楽しいハイキングだった。
そして充実した1日の終わりは、”ビール”本日はmarukei準備の料理(頑張りました!)

P1100814.jpg
<メニュー:牛肉のたれ焼き、絹あげ豆腐の生ショウガ添え、真鯛とタコの刺身、エビ、イカのサラダ>

本日の出来事を語り合っての楽しい”marukei居酒屋”でした。

コメント

トラックバック