FC2ブログ

”憂鬱は続く”

受付時間の10分前から医院の玄関に並ぶ、遅い予約しか無かったので一般外来で早い診察を望んだのだ。
おかげで診察は一番目、診察室ではなく処置室に呼ばれて上半身裸でうつ伏せになって医師を待った。

切開場所に埋め込んだ消毒ガーゼを剥がす・・・”ウッ!”、強い痛みを我慢する。

「ダメダ、まだたくさん残っている、消毒」と医師が看護師に言う、大きな注射器に消毒液が用意された。
”脂肪腫除去切開”、今日で終わらないのが確定した瞬間だった、それからが猛烈な痛みを伴う処置が開始された。

今日も風呂、汗かき禁止、痛み止めを飲んで”もんもん”と時間を過ごす、やることが無いので過去の山写真を見る。

P1080880_edited_2019052416155705f.jpg

2008年の夏、八ヶ岳の硫黄岳の山頂付近から振り返って撮った写真だ。

リンクしているブロ友さん、 【片手よつこのてくてく山歩き】さんが残雪の硫黄岳周回の記事を公開した
同じ風景の写真に当時の事を思い出した、東と西の天狗岳、長い中山尾根を歩いた記憶もよみがえる。

切開場所の消毒前に腫れた部位を強烈に押して脂肪と膿を出す、痛いじゃすまない、歯を食いしばる。
そして消毒、今度は切開部位を指で広げてその中にガーゼを押し込む・・・我慢不可!

「声が出た:痛い!」・・・医師:「頑張れ」、涙がにじむ、右足のふくらはぎが痙攣しそうだ。
処置が終了したときは放心状態だった、絆創膏カブレで赤くなった皮膚用の薬も出してくれるそうだ。
「明日も来て」と医師、予約は午前の遅い時間しかない、明日も一般外来で並ぶしかなさそうだ。

明日で終わるかどうかは医師にしかわからない、明日も猛烈な痛みに耐えるしかない、痛み止めを飲んで過ごした。

本を読んでも時間がなかなか過ぎて行かない、過去の山写真を見て過ごしている。

散歩できない、”憂鬱だ”、散歩や散策がmarukeiにとって本当に大切な時間だと再確認の日々だ。
板長仕事だけは頑張る、散歩ができる日はいつになるのだろう。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:6件

”散歩は不可”

数年前から大きくなりだした背中のこぶ・・・脂肪腫、最近は半端なく大きくなってきていた。
でも医者に行きたくない、理由があった、しかし背中なのでベットに横たわっていても痛い、決断した。

いきなりのノミのような金具で背中のコブを突き刺して穴をあけた医師、”深いな!”グリグリと掻き回す。
思わず反り返る、右足が攣りそうだ、強烈な痛みだった。

結果は様子見、二日後に切開するか決めるという、風呂禁止、汗禁止、散歩ができる状態ではなかった。

IMG_6858.jpg

黙っていても痛いが寝る方がもっと痛い、我が家の庭なら大丈夫だ、長男が育てている”春まきミズナ”と”春菊”
大きくなってきている、間引きした野菜をサラダで食す、新鮮で超美味い!

十数年前、やはりオデキが出来て公立病院に出向いた、若い医師、”脂肪腫”だという、直ぐに処置と言う。
麻酔も無しでいきなりメスで切り裂かれた、そしてかきまわす、失神するくらいの痛さだった、涙と汗だった。

脂肪腫は原因の脂肪の袋を取らなければ再発すると医師は言う、その時も深いといって更に切られた。
その時の痛みを身体が覚えている、医者に行きたくなかった理由はそれだった。

IMG_6857_20190521161307ef2.jpg

長男は”春大根”も種から育てている、少しずつ白い部分が大きくなっている、ブリ大根にしよう、料理はmarukeiだ。

先生に十数年前の出来事を言った、「再発は不幸だったネ」、医師の言葉、要は十数年前は失敗だったのだ。

marukeiは言った、お願いだから麻酔を使って切開してください、「わかった」と医師、恐い!!!

IMG_6859_20190521161306843.jpg

我が家の庭の一画、長男がこさえた家庭菜園、手前は妻の紫蘇畑、熊はmarukei、妻は赤ベコ、イノシシは長男
傘の中で仲良く畑を見守っている。

さてどうなるか、少しは腫れが引いて痛みも軽くなったが未だモッコリと脂肪腫の大きなシコリがある。
”切開確実”だろう、今度は妻が付き添ってくれる、運転できないかも知れないからだ。

そうなると散歩は当分できないだろう、記事用のストック写真は2回分、更新が途絶えないように頑張ってみるが・・・。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

”雨、雨・・・そして雨”

朝から降り続ける雨、強かったり弱かったり・・・皆さの所はどうだったでしょうか。
時間を持て余すmarukei、何とか午前中をやり過ごす、しかし、午後も一向に止む気配なし。

昼食後、ベットに潜って読書、30分も持たなかった、妻に起こされたのは午後3時前だった、よく寝た。
散歩に出る状態ではない、寝るわけにも行かないnetなどで時間を潰す。

IMG_0964_201809141911427d5.jpg

季節外れに咲いた我が家のニワザクラを撮りに傘とカメラで外に出た、涼しい。

IMG_0965_20180914191142015.jpg

雨粒は植物に命の源になる、綺麗な花を咲かせ続けて欲しい。

こんな日は”居酒屋marukei”の開店にふさわしい、早めに風呂を浴びて5時から開店準備。

IMG_0966_20180914191141e0d.jpg

少々作りすぎたかも?

・コロッケと青じそ混じりのせんきりキャベツ
・ブナシメジと鳥のささ身のニラ卵とじ
・空芯菜の中華炒め
・スルメイカの唐揚げ
・梅とシソのタタキを載せた冷奴
・オクラ、グリーンリーフ、オニオンスライス、トマトとカニ風カマボコの生野菜サラダ
・石川県産アマエビの刺し身
・生キハダマグロの中トロ刺し身
・ベッタラ漬物

以上、9品の居酒屋メニュー、そして生ビール、冷酒、チリ産白ワインを添えて。
お客は馴染みのお一人様、美味しい美味しいと食は進む。

雨の日の”妻と二人だけの一日だった”。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

「恐怖の5時間」

台風21号、午前11時過ぎから風雨が強くなった、12時からは更に風も雨も強くなる。

対策も万全に近いだろう、出かける事もない、朝から読書で過ごす。

IMG_0665_20180904190550a50.jpg

全く疲れない、そして面白い、警視庁動植物管理係が活躍する捕物だ、しかしこんな部署が本当にあるのか?
マア関係ない、疲れなく面白ければ良い、しかし、5分も読んでいられない。

午後2時過ぎから暴風雨圏内に入った、タタキツケル雨、家が揺れる、網戸が勝手に動く、恐怖だ!
風速は40m近い、外を見れば大きな箱が転がって我が車にぶつかりそうになる、色んな物が飛び交う。。!

まんじりとしない5時間を過ごした、現在19時過ぎ、風は強いが雨は止んだ、とにかく凄かった。

本に挟んだ栞・・・marukeiに似たポッチャリにゃんこに癒やされた一日だった。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

年寄りの”自尊心?”

今日は雨降り、横殴りなので散歩もできない、養母用の補聴器の電池と足りない野菜を買いに出かけた。

IMG_4763.jpg

買い物帰り・・・標高200mの”いつもの池付近”、濃い霧、10m先も見えない、午後3時を過ぎていた。

昨日、養母の所へお世話に、直ぐに職員に呼び止められた、脈が140・・・不整脈の症状だ
朝食後に薬を飲むので大丈夫と話した、今度はケアマネさんが来て真剣な顔で話す。

通所で1W前から下血の症状、住居の職員さんに連絡して家族に知らせると行ったら・・”ダメ!”
内緒で知らせてくれた、部屋に行って通所の連絡帳、書いてあった、それと熱と口の中の湿疹。
風邪の症状だ、インフル検査も必要なので医者へ・・インフルはOK、下血は様子を見て総合病院へとなった。

今朝になって通所に行くべきか連絡があった、看護師もいるので行って貰った、それから何も無しで午後になった。

IMG_4764.jpg

いつもの池も濃霧で見通しが利かない、”ボーット”幽霊のように見えるアオサギ、何やら良くない予感。
自宅に戻って直ぐに通所から連絡、熱が38,6度、昨日貰った薬は持っていかなかった。

すぐに迎えに行って住居で薬を飲ませた、職員さんに世話をお願いした、熱が下がれば良いが・・・。

下血の事実を職員に知られるのが恥ずかしい、そんな理由で”言うな”と言ったみたいだ、情けない。
もうすぐ96歳、自尊心だけは衰えない・・・意思疎通が出来ないので”きつく叱った”

何が起きても不思議ではない年齢、家族とのコミニュケーションも取れない、”自尊心”を捨てて欲しいと願う。
今晩、熱の計測と状態確認をしに行かなきゃならない、”下がれ熱!”
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件